給食・食育

厨房から

<保育園でのおやつについて>
米飯を使ったおやつは、白飯とは違ったおいしさを味わうことが出来ます。おにぎりやお好み焼きは、卵・乾物・チーズなどの具を混ぜているので、不足しがちなカルシウムや鉄を多く摂取できます。小麦粉はケーキやドーナツの材料になり、おやつに最もよく使われる食品です。
 小麦の主成分は炭水化物ですが、たんぱく質・脂質・カルシウム・鉄などは米よりも多くバランスよく含まれています。さつまいも・じゃがいもなどのいも類は、食事では少量しか食べられませんが、おやつではたっぷりと摂ることができます。さつまいも・じゃがいも共にビタミンCの含有量が多く、セルロースなどの繊維質も豊富です。
 保育園では、これらの食材を積極的に取り入れ、食事だけでは補えない栄養分をしっかりと摂りたいと考えます。

給食

専任の栄養士・調理師が栄養バランスを考え、お子様の年齢に沿った給食をご提供します。アレルギーのお子さまの給食にも対応します。

<献立表見本>

幼児食献立

離乳食献立

後期食献立

コンビプラザの食育活動

「食」は心と身体を育む大切なこと。食育を保育の大きな柱の一つと考え、日々の活動に組み込んでいます。

鬼コロッケ

材料【4人分】

じゃがいも
4個
玉ネギ
1個
豚ひき肉
200g
少々
溶き卵
1個
小麦粉
適量
パン粉
適量
揚げ油
適量
 
スパゲティ
20g
青のり
適量
しょう油
大さじ1/2
ソース
適量
にんじん
(ツノの形に切る)

作り方(調理方法)

  1. じゃがいもは皮をむいて、ひと口大に切り、マッシャーでつぶす。
  2. 玉ねぎはみじん切りにし、豚ひき肉と一緒に炒める。
  3. 1と2を合わせ、塩で味を調え冷ます。
  4. 3を4等分にし、丸型に成型する。
  5. 小麦粉→溶き卵→パン粉の順につける。
  6. 180℃の油で、きつね色になるまで揚げる。
  7. スパゲティを茹で、青のりとしょう油で味付けをする。
  8. 出来上がったコロッケにソースで顔をかき、スパゲティで髪の毛を作る。下茹でしたにんじんのツノを飾る。